スポンサーリンク

ゴロ捕球上達テクニック(初級編)

ゴロ捕球 Uncategorized
スポンサーリンク

はじめに

野球には、絶対やらなければならないことがありますよね。

それは「打撃・守備・投球・走塁」です。

本日はその4つの中で一番地味ですが、一番大切な

「守備」

つまり、ゴロ捕球のテクニックを記事にしていきたいと思います。

いくら、バッティングが良くても少年野球にはDH制度がありませんよね?

守備ができなければ試合に出れる機会が格段に減ると思います。

ここでは、そんな守備があまり得意ではない子に向けた上達するテクニック・練習方法を紹介していきます。

※初心者向けの練習方法となっております

守備入門編

ボールを捕る形

  • トスしてボールをキャッチして「つかむ」感覚を養う

この練習の目的は、ボールをつかんで捕るという感覚を養うために行ないます。

子供たちは、ボールをグラブに当てることはできますがつかむという感覚がありません。

正面でゴロを捕球しようとしてもうまく掴めず弾いてしまうことが多いです。

なので初めは、グローブをはめずに素手で転がってきたボールをつかむ練習が必要になってきます。

練習方法

  1. ペアになる
  2. 3mほど距離を取る
  3. お互いに下投げでゴロのトスで投げ合う
  4. 片手でキャッチする

注意点(投げる方)

  • 腕を振りすぎない
  • 真っ直ぐ腕を引いたらそのまま前に腕を振る
  • トスはなるべく回転をかけない

注意点(捕球する方)

  • 足を曲げ、膝を柔らかくして捕る準備をする
  • 手のひらをボールにしっかり向ける
  • タイミングよくつかむ(パチンと当てて捕るのではなく、優しく捕球する)

ある程度、素手で補給できるようになったら

今度はグローブをつけて

トスした低めのボールを両手で『フタ』をするように捕る練習です。

ここでの注意点は、素手で捕球の時と同じですが1つ追加があります。

それは『フタ』をして捕球です。

先ほどの練習では、片手で捕球する練習でるが

この練習では、両手でボールが弾いてグローブから出ないように「フタ」をして捕球しなければなりません。

これが子供たちは難しいみたいです。

すぐ片手になってしまいます!

根気強く、注意してあげてください。

グローブの使い方

  • バウンドしたボールを正しい姿勢でキャッチする(グローブの使い方)

今まで低めのボールを捕る練習でしたが、ワンバンしたボールを捕る(つかむ)練習にステップアップします。

ワンバンしたボールを捕球するということは、ベルトより上で捕球することが増えます。

つまり、ここではグローブの使い方が大切になります。

ベルトより低いゴロが来た時は、「足を肩幅より少し大きめに開き、低い姿勢で捕球」が基本の形になります。

ゴロ捕球
ゴロ捕球の基本の形

この時、グローブはつま先より前で芯ボールに向ける。

ベルトより高いボールが来た時は、膝を軽く曲げてグローブは胸の前。

構える時は、投げる方の手をグローブの横に置く。

そうすることにより、握りかえがスムーズになる。

このグローブの動きがスムーズにできるようになったら次のステップに移ります。

※ここでよくある間違い

形ができるようになったから「すぐノック」はNG!

今までは、近いところから手ゴロでゆるいゴロやワンバンが来ていたから捕球できていましたが

いきなりノックに移行してしまうと、全く対応できず

諦めてしまうことが多いです。

なので、次のステップとしてノックではなく

少し距離を取り、さっきより強めにゴロを投げてもらい捕球しましょう!

手ゴロで動きながら捕球

  • ゴロ捕球するまでの動きを身につける

ここからは、本格的なゴロ捕球練習です。

今までは、その場に立って自分の正面に向かってくるボールを正しい姿勢で捕球するといった練習でしたが

次からは、自分が動いてボールの正面に入り

正しい姿勢で捕球すると行った練習になります。

練習の流れ(右利きの選手の例)

  1. コーチが手ゴロを投げてあげる(正面・右・左にランダムでゴロを投げてあげる)
  2. ボールの正面に移動できたら、捕球姿勢に入れるようにリラックスして準備する
  3. 転がってきたボールに対して軸足(右投げの子は右足・左投げの子は左足)でタイミングを合わせる
  4. 右足→左足の順番で捕球姿勢に入る(左足を踏み込む際、かかとから入ることを意識する)
  5. 捕球姿勢を作り、止まって待つ
  6. フタをして捕球

この順番で、動くとスムーズにゴロ捕球できる。

また捕球後、すぐ握りかえができて

投げたい方向にステップして投げることができる。

ボールの正面に自分から入る
ゴロ捕球
捕球姿勢を作り捕球
捕球後、握りかえをする
投げたい方向にステップする

この動きは、簡単そうに見えますが

実際、やってみるとゴロに対してのタイミングの取り方や形がうまくできません。

手ゴロでも、正直最初は難しいと思います。

最初は、本当にゆる〜いゴロでいいので

正しい形で捕球することを心がけて下さい。

まとめ

この3ステップができるようになってら、次からノックやフライ練習ができるようになります。

なんでもそうですが、初めが大切です。

今は、リレーをする前の準備運動の段階ですが

準備運動を疎かにしてしまうと、怪我をしてしまいますよね?

守備も同じです。

いきなりノックやフライをやってしまうと、ボールが顔面に当たるなど

大怪我をしてしまう可能性があります。

地味でつまらない練習ですが、2〜3ヶ月頑張れば

必ずできるようになります。

他の記事でも書いてありますが、根気強く練習してください。

辛かった時期を乗り越えれば、楽しい未来が必ず待っています。

頑張って練習を続けてください。

応援しております!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました