スポンサーリンク

野球初心者 キャッチボールの極意

Uncategorized
スポンサーリンク

はじめに

野球を始めるときに,一番最初にぶち当たる壁があります。

それは「キャッチボール」です。

バッティングやピッチング練習よりも先に練習するのがキャッチボールです。

キャッチボールがうまくならず,次にステップになかなか進めない。

そして,野球を楽しむ前にやめてしまう子が多いです。

そんな子供たちを減らすために,このブログでキャッチボールの極意を教えていきたいと思います。

キャッチボール

キャッチボール 上達テクニック

恐怖心を取り除く

キャッチボールを行うときに,1番最初にやらなければならないとこがあります。

それは「ボールに対する恐怖心を和らげる」ことです。

実は,投げ方や捕り方ではなく「恐怖心を和らげる」ことが最優先なのです。

ボールが怖いと捕球時に目を瞑ってしまいます。

そうすると,投げたボールが体に当たり怪我をしてしまうことがあります。

そんな状況だと,キャッチボールを行うことに恐怖心を覚えてしまい野球をしたいと思わなくなってします。

では,どうやったら恐怖心を和らげてキャッチボールを行うのか。それは,

柔らかいボール下投げで投げてもらい捕球練習からスタートするのが一番効率がいいです。

いきなり上から投げてしまうと,いくら柔らかいボールでも怖いと思ってしまう子がほとんどです。

なので,下から優しく投げてあげて自分に向かってくるボールになれさせてあげてください。

グローブを外して補給練習

ボールに対しての恐怖心がある程度なくなってきたら,次のステップです。

それは,「グローブを外してボールを捕る(掴む)感覚を覚える」ことです。

グローブは,あくまで捕球を補助する道具です。

もちろん,豪速球を素手で捕るということではありません。

素手で,ボールを捕ることによりボールを掴む感覚が覚えやすくなります。

よく,グローブに当たるけど取れないという子がいますよね。

そういう子には,かなりいい練習です。

※素手で捕球なので,ここでも柔らかいボールを使用することがおすすめです。

シンプルな動作で投げさせる

上2つのステップがある程度できるようになったら,最後のステップです。

最後のステップは,ボールの投げ方です。

正直,投げ方に正解はありません。

いろんな考えがあり,いろんな指導方法があると思いますが

キャッチボールを始めたばかりの子には「シンプルな動作」で投げさせてあげてください。

変な投げ方だと肘や肩を故障してしまう可能性がありますが,あまり最初から細かく指示してしまうと

投げ方がわからなくなり,スタートで諦めてしまいます。

なので,初めは好きなように投げさせてあげて

後々,投げ方を修正していけば問題ないです。

子供たちは,キャッチボールができるようになるとできないことをすぐやろうとします。

まずは,出来ることを繰り返し練習することを教えていかなければなりません。

キャッチボールで正しい捕り方とよくない捕り方

正しい捕り方

肘を曲げたまま、ボールの勢いを吸収するように捕球する。

よく飛んできたボールを捕球するときにグローブを突き出して捕球しようとする子がいますが、その捕り方だとグローブに当たっても弾いて前にボールを落としてしまう可能性があります。

肘を曲げながら、捕球時に少し後ろに引きながら捕球すると弾くことなく捕球できます。

柔らかく、そして優しく捕球することを心がけましょう。

グローブの芯(ポケット)を相手に向けて、芯で捕球する。

グローブには、芯という「捕球の確率を上げる」場所があります。

大体、グローブの真ん中上に芯があります。そこの芯をキャッチボール相手に見せながら捕球することで

ボールを弾くことなく、捕球しやすくなります。

グローブが横を向いてしまうと、もちろんうまく捕球できませんですよね。

しっかり、相手に自分が捕球したいグローブの面を見せてあげてください。

車のワイパーのように腕を使って捕球する。

車のワイパーの動きって、みなさんわかりますか?

一度は見たことがあると思いますが、あの動きを野球の捕球に取り入れるとかなり捕球しやすくなります。

グローブをはめている方の腕をワイパーのように動かすと反対に来たボールもちゃんとした形で捕球することができます。

相手にしっかり芯(ポケット)を見せながら、この動きをしてみてください。

よくない捕り方

肘が伸びて、グローブが上から被せて捕球する

肘が伸びきって捕球すると、肩に力が入りすぎて柔らかく捕球することができなくなります。

また、低めのボールに対しての反応が遅くなってしまいます。

反応が遅くなってしまうとボールを被せて捕るような形になってしまいます。

そうすると、低めのボールがまったく捕れません。

体はリラックスして、どんなボールでも対応できるように肘は曲げて捕球しましょう。

手首が寝て、芯(ポケット)が上を向きながら捕球する

ボールの勢いに負けて、グローブが上を向いてしまう。

そうすると、ボールが自分の後ろにこぼれやすくなってしまいます。

また、握り替えがすごくやりにくくなります。

ボールの勢いに負けないためにも、捕球時に少し後ろに引きながら捕球してください。

まとめ

キャッチボールは、周りから見るとすごく簡単そうに見えますが

実はすごく難しい練習です。

プロ野球選手でも、キャッチボールをすごく大切にします。

キャッチボールだけでその日の調子がわかるとも言われる程です。

そこまでのレベルになるために、今ここに書いた練習を毎日少しずつ行うことで

確実にレベルアップすることができます。

野球は1日で上手くなれるスポーツではなく、時間をかけて少しずつ上達していくスポーツです。

根気強く、できなくても諦めず頑張って練習して行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました